アラフォーのための妊活応援センター

アラフォー女性が幸せになるための情報発信センター


40代半のバツイチ女性が再婚するときの注意点4つ

婚活、子供に話すタイミング

一度目の結婚に失敗してバツイチになり、二度目の春が45歳になってきた!
けれど、再婚を躊躇しているのはやはり年齢ですよね。

30代までは、身体的にも精神的にも若さもあるし勢いでなんとかなる年齢ですが、
45歳にもなって再婚を考えるのは周囲の目も気にしてしまいなかなか踏み切れないっていう方もいるかもしれません。

特に、45歳であれば1度目の結婚で出産していたら子供は10代後半から20代前半といったところでしょう。
この年代の、子供たちは非常にデリケートな年齢になりますから、再婚するとしても注意しなければならないことがあります。
今回は、45歳のバツイチ女性が再婚するにあたって注意して欲しいことをまとめましたので参考にされてくださいね。

包み隠さずすべてを話す

恋におちたけれど、まだ自分にバツがついていることを伝えられていない人はいませんか?
それなら、近日中にすべてを話す日を設けてください。いつかは、いずれかの方法でバレてしまうことになりますし、
この話を伸ばしてもなんのメリットも起きません。

あなたが、本当に相手を愛しているのなら相手を信用して話しましょう。
もし、あなたに子供がいる場合も同様です。もう大人だし…と思うのではなく、しっかりと話しましょう。

子供たちに伝えるときはタイミングを考えて

突然、この人と再婚するから!なんていわれたら、子供たちはパニックになってしまいます。
年齢にもよりますが、中学校~大学生入学頃程の思春期の子供たちであれば、
親によって人間不信になってしまうことだってあるのです。

ですから、子供たちに伝えるときは、子供にそれとなく、
好きな人がいるということを伝えたうえで子供たちの反応をみて再婚の時期は考えたほうが無難です。
一般的に、子供たちが親の再婚を前向きに考えられるのは、やはり子供が巣立った後になるようですね。
一人きりで過ごされるよりはいいかな…という気持ちになるそうです。

健康状態も把握しておく

45歳は、若いときの結婚とは違って、健康にも気をつかわなければなりません。健康でいなければ、
再婚しても相手に迷惑をかけてしまいますので、再婚する前には必ずチェックしておいた方がよいでしょう。
また、ほとんどの方は、妊娠出産を経験することは年齢的にないと思いますが、中には相手が初婚だし、
やっぱり相手との子供も欲しいという思いから妊娠出産を考える方もいるかもしれません。
45歳は超高齢出産になり、母子ともにハイリスクになるのでしっかりと健康状態を把握し、計画的に過ごすようにしてください。

前夫との関りも最小限に

もしかしたら、離婚してからもなにかにつけて連絡をしていた夫婦もいるかもしれません。
しかし、再婚するとなれば前夫との連絡は極力なくしましょう。連絡をするのは、
子供の事(金銭的なこと等)だけにして、そのほかの子供の近況報告なども控えましょう。トラブルのもとになります。
また、再婚相手にもこの内容だけは連絡するからねっといって安心させてあげる配慮が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
45歳になっても恋愛する気持ちは、生きる力になりますからとってもいいことですね。
しかし、一度失敗している以上、普通の人よりも注意、配慮しなければならないことが山積みです。
それでも、その相手と一緒にいたいと思ったのなら覚悟を決めて頑張ってください!